メニュー

肛門外科(内痔核硬化療法)

当院では内痔核に対してジオン注を用いた ALTA 療法(四段階注射法)を行っております。

 

○新しい内痔核硬化療法剤について
ALTA による治療では、有効成分を痔核内に投与することにより痔核を硬化/退縮さ せます。この方法は、従来より手術適応である「脱出する内痔核」についても効果が あり、新たな痔核治療の選択肢の一つとして最近加わりました。 注射療法による治療のため、内痔核を切らずに脱出と出血を治療します。 痔核を切り取る手術と違って痔核の痛みを感じない部分に注射するため、「傷口から 出血する」、「傷口が痛む」といった患者さんの身体的・精神的な負担が軽減されます。 また、入院期間も短縮でき、社会生活への早期復帰が期待できます。

○ALTA 療法での治療について
ALTA は「四段階注射法」という特殊な手法で投与されます。 この治療法は高度な技術を要するため、現在では「当手技に関する講習会を受けた専門医の登録施設」においてのみ治療が実施されています。 また、患者さんの状態によっては ALTA 療法を適用できない場合がございます。 受診される際には医師によくご相談ください。

jion

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME